カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
ああ、珍道中 漫遊記ZEPP難波②編
夢心地で過ごす
WORLD ORDERライブツアー大阪。

一日目にしてもう筋肉痛なのだが

二日目のライブはじっくり一人ひとりを堪能させてもらった。
もちろん7人全員ステージにいるときはアキさんだけみつめているのだが

彼らのステージで泣かぬ日は無い。

ダンスが好きで見るだけではあきたらず。
ダンススタジオに習いに行っていた時期もある。

若い頃は弱小劇団で
(昔大阪の街は小さな劇団でいっぱいだった)
前衛劇と理由の解らぬ舞。


ちょうどロボットダンスとかブレイクダンスが流行っていた頃

WOを初めて見たとき30年以上前の昔に
ぶわっと遡ったような気がした。


それも手伝ってかどんどん彼らにのめり込む

見れば見るほど技術も芸術性もすばらしく
舞台が終わるたび。
いや最中から泣けてきて
歳を行くと涙もろくていかん。

ソロ&コンビネーション
もうもう最高で
7人それぞれの個性のぶつかり合い!!

気分も絶好調。



舞台中央で軽やかなステップの元気くん


??

ちょっと微笑ましくなりました。

緊張と緩和の彼らのダンスの原点を見たような気がします。




二日目夕方まで時間があるので
大阪の街を徘徊。

朝から大阪新世界のスーパー銭湯
スパワールドへ

私は昔からなにかとよく利用するお風呂屋さん
ビルの間の遊園地があった頃から
小さかったせがれを連れて行ったものです。

せがれは風呂よりプールだけでよかったみたいですが。

かえるさんが行ったことないというので
ふたりで温泉気分

お肌に良いと言われる乳液風呂
炭素風呂酸素風呂水素風呂
各種湯船に出たり入ったり

露天風呂では阿部野ハルカスが望め
なんとおあつらえ向きに雪までちらついてきた。

都会の空の下
ゆったりと雪見風呂

はぁぁぁ癒されると浸っていると

かえるさんが私を見ながらぽつんと

露天風呂のボスザル・・・・


ほっといてちょうだい。


足腰の弱い私と
目の悪いかえるさん

湯船に入るのにも大騒動。

とりあえず私が先に湯船を確かめる
段々がひとつあるよ
もうひとつあるよ
といいながら
かえるさんの手を引いて湯船に誘導

偉そうに気をつけてと言いながら
足をすべらし湯船に沈む私

きっと老老介護とはこういうことではないだろうか。


打たせ湯というのがあるのだけど

高いところから(ライオンの口の中から)お湯が落ちてくる。

その下で肩に湯をダダダダと浴びていると
ふと。。WOのポーズをとってみる

この振動が彼らのブルブルの振り付けにちかくないか?

なかなか完成度たかいなとまんざらでもなかったのだが

かえるさんがぽつりと

ただの修行僧だな。


ほっといてちょうだい!




お風呂の後

谷町四丁目の大阪歴史博物館へ
手塚治虫先生と石ノ森章太郎先生の
作品が展示されている
DSC_0158.jpg

やはり巨匠たちの作品は素晴らしい!!

娯楽がテレビと漫画の時代の私

両先生の描かれる漫画で育ったといっても過言でない

原画が見れるなんて最高である。

少年誌はこの両先生と藤子不二雄先生赤塚不二夫先生
永井豪先生水木しげる先生

大好きだった。

楳図かずお先生も好きだったな。

もちろん主流は少女漫画なのだけど

少年誌もクラスの男の子に借りて読んだものだ。
少年サンデーと少女フレンドを交換
マガジンと週刊マーガレットを交換

中学生の頃授業中にどうしても
「エースをねらえ」最終回を読みたくて
隠れ読み。
あんまりかわいそうで号泣してしまい。
びっくりした先生が保健室へ行きなさいと

保健室まで付いて来てくれた友人は
私がなぜ泣いているのか知っていたので
教室出るまで肩を震わせ笑いをこらえていた。


「ベルサイユのばら」の時も同じことをしたような記憶が・・・


あ。年寄りのながい昔話になってしまった。。。



お土産も買い。
DSC_0203.jpg

歴史資料館も見て回る
大阪城がみえる展望階
DSC_0163.jpg
城フェチではないけれど
人間がこの形のものに憧れるのは
太古の昔から変わらぬと思う。

富士山が美しい
ピラミッドがすばらしい。
頂点と裾野の広さ

大きな安定安心感があるのだろう。


途中土器に描かれた絵
なぜか親近感が
DSC_0162.jpg
資料館の隣は一昨年WOの公演があったNHKホール

DSC_0180.jpg
この時アキさんが大怪我してて逢えなかったけど
ここのマイミクさんたちに逢えた嬉しい日だった

大阪城公園でよさこいの練習の人に邪魔されながら
WOごっこしたの思い出す。

あの時は夏で木も青々としてたけど
冬は丸坊主ね
人通りも少なく静かだったよ。
DSC_0185.jpg DSC_0181.jpg

さてそろそろ
若い男のもとへまいろうか。

今日は心置きなく叫びますわ。うふ


この日ライブ後
かえるさんと
最大級の珍道中があったのだけど

それはまたの機会に。

めでたしめでたし

ホームページはこちら

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://himekoubou.blog61.fc2.com/tb.php/459-0d191533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索