カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
マザーコンプレックス
             タイトルは「あわてず さわがず」 sh0137.jpg

 

備長炭を待合の椅子にみたて、ぞうりを脱いで正座してます。
おばば様のサイズは相変わらず2cm、ぞうりは2mm。
でもおばばさまからしたら猫は巨大かも。
一日のうち数本しか来ないバスをのんびり待つおばばさま。
付き合う猫一匹。

絶対私にはできないことです。(待つ、並ぶ、辛抱する。嫌いな言葉)


お盆らしく、墓参りにいってきました。
高野山まで片道約3時間。
うねうね山道、ちんたら走ってゆきました。
2年近く忙しかったのと、山崩れで通行止めとかだったりしてながらくいけてませんでした。

私が4歳くらいの時に亡くなった母がそこには眠っています。
もうかれこれ40年以上前のこと。
何も母のことは覚えていませんが、かすかにこどものころ住んでいた家の2階の窓辺に母が腰掛けていて、そのひざにへばりついているのを覚えています。

母は母の実家の墓にはいりました。
まだ4歳の私と2歳の妹のところに新しい母親がくるであろうと思った母方の身内は、その後円満に行くようにと母を連れて帰ったのだとおもいます。

ずっと母の身内は私たち姉妹のことを案じてくれていたのですが。
おバカで罰当たりで何も考えていない私は大人になるまでその心に気づきませんでした。
とにかく母の後に来た父親の嫁から自分を守るのに必死な時代が続きましたから。
複数父親には嫁がきましたが、どの嫁も心落ち着く人はありませんでした。
今の父の嫁など私とそんなに歳が違いません。(おとっつぁんがんばるのぉ)

ずっと母が生きてたらこんなことにはならなかったとか自分の事ばかり考えていました。
ぜったいこんな継母のような人間にはならないぞとか。
私の不幸は全部母や継母のせいと人を恨むことで埋め尽くされてる時代がありました。

本当の母親ってどんなだろうとわからないまま、せがれを授かりました。
せがれを授かってからはじめて、母方の親戚に誘われて高野山にある母方のお墓に連れて行ってもらいました。

「yasukoももう一人前になったし、今の母親に気を使うこともいらんやろ」
そういっておじさんが連れて行ってくれました。
それまで、少しも母の墓参りなど思いもつかなかった私は自分の心が醜くて、曇ってて、少しもやさしくないのだと気づきました。

母が入院中4歳の誕生日が近づく私のために祖母に送った葉書があります。
  
もうすぐ退院。yasukoの誕生日には間に合いそうです。
ケーキなど用意したいです。

退院は決まっていたものの免疫力が低下していた母は肺炎にかかり私の誕生日には帰れず、そのまま誕生日が過ぎてから無言で帰ってきました。

こどもを産んでから母の気持ちがわかったような気がします。
2歳の妹と私を残して逝かなきゃ行けなかった母はどんなに口惜しかっただろうと。
2歳と言えば人間が一番いとおしく可愛いときだと思っています。
そんなときに抱っこもできず、ほおずりもできず、先に逝かなければならなかったのですから。
せがれが産まれた時、ただすやすや眠っているだけなのに24時間ずっと顔を眺めていたときがあります。
可愛くて可愛くて。母もそう思ってくれてたのじゃないかな。

ここ15年以上毎年2回くらいは墓参りに行っていました。
ですので、去年行けなかったのが落ち着かなくて。
でもやっと会いに行けてほっとしました。
あっでも、みんなお盆で墓じゃなくて本家のほうに帰ってたかしら。
留守のお墓に参っちゃたかな。

もう母よりずっと年上になってしまいましたが、母ができなかったことを変わりに私が少しでもできたらいいなと思ってます。

以前母方の法事に出席したとき、親戚のおばさんたちがびっくりしたことがありました。
「hirokoちゃん(母の名)が居てるのかと思った。」
どうやら生き写しらしいです。

母方の親戚の心遣いにも感謝しなくては。
うちの父親や継母はそんな心に感謝してるんだろうか。どうも今までの言動からは気付いてもいないような気がする。


墓参りにも行かず、思い出しもしなかった罰当たりな娘を、こどもを産み育てるとこまで守ってくれた母に感謝。


墓参りの後主人と高野山をあちこち徘徊してまわりました。
たいへんな人出でしたが良いところたくさんありました。
また、後日お知らせします。



                               sh0133.jpg



ホームページはこちら

この記事に対するコメント

日本中がお盆で、人それぞれ色んなお盆の過ごし方があるんだと思いますが、
コチラの和尚さんは「お墓や仏壇にこだわらなくても、思った時ソコで手をあわせれば、仏様はみてるから」とおおらかな事を言います
なので、yasukoさんのお母様もきっとずっとyasukoさんを見ててくれてましたよ!
私も、自分が母になって初めて、母は子供がどんな拗ねてしまってもかわいいのだと気づきました
今のyasukoさん見てたら、お母様のココロはちゃんとyasukoさんに残ってるんだと思います(^^
だって素晴らしいお母さんですもの~(^^
【2007/08/15 14:58】 URL | calino #ws4fFRNc [ 編集]


メルヘンな世界を持って明るいyasukoさん、ご苦労されてたんですね。とてもそんな風には見えませんでした。
母方が高野山出身?これまた奇遇かも?私の母も生まれはその辺と聞いています。
【2007/08/16 12:24】 URL | mari #- [ 編集]

*^-^*
はじめまして!
かわいいですね!!
お勧めウェブサイト:
http://www.bbbcc.net/?xia
ご覧ください。
【2007/08/16 12:36】 URL | 百合子 #G91RSZjw [ 編集]


おはよ~yasukoさん (^ー^* )
この時期っていろんな事を考えさせられる時期ですね
小さいyasukoちゃんの姿が見えるようです(苦労したのね)
お母様のお墓参りが出来て良かったですね(しかし、遠くて大変ね~)
子どもを持って初めてわかる母心…有難いものですね
私も待つ、並ぶ…は苦手です(笑)
【2007/08/17 07:45】 URL | まな #DWgh5vZM [ 編集]

墓参り
千の風に・・が流行って
お墓参りする人が少なくなるのでは?
なんて言う人がいましたが、
そんなことはなかったようですね。
かえって増えたかもしれません。
【2007/08/17 18:50】 URL | tamakiti #sSHoJftA [ 編集]


心にしみるお話でした
ありがとう、
今さらですが 老いた母を大事にします
心残りの無いように・・・・・・・・・・・・・
このおばばさまは 私の母に生き写しです

ありがと~
【2007/08/17 22:16】 URL | miekoro #- [ 編集]


今日は
お墓参りに行ってお母様喜んでいるでしょう、
今が幸せで良かったです。
【2007/08/18 13:10】 URL | パピヨン #WLLrP7ig [ 編集]

お返事遅れてすみません
v-510calinoさん
calinoさんも良いパワフルかあちゃんです。
若いころこどもが好きだから保母さんになりたいと思ったことあるんですが、本当はこどもがそんなに好きでないことが解かりました。
可愛いですよ、超いとしいですよ。でもひとりでもふーふー言って育てたんで大勢いたら気がおかしくなると思います。

v-510mari さん
その当時のこと知らない友達はみんなそう言いますよ。
私って見栄っ張りなんでよい家庭でそだったような人に見られたいと思っちゃうんですよね。
と言うより、根が大馬鹿なんでしょうな。
うちの母方の婆様が真言宗の教祖のひとりだったんでね。その関係で高野山に墓があるの。うちの婆様、スピリチュアルなお仕事してたのよ。ちょっとこわい

v-510百合子さん
ようこそまたお越しください。

v-510 まなちゃん
親孝行したいときには親はなしとはよくいったものですね。
親のありがたみは子に返そうと思います。
父親は健在ですが、若い嫁さんにまかしときます。ふふ
まなちゃんもがんばって!!でもよき母であろうとしすぎちゃだめですよ。
まなちゃんまじめすぎるから。私のおきらく精神分けたげますよ。

v-510tamakiti さん
いやまぁ。高い山は涼しいし、下界で手を合わせるより涼しいところでと思いまして。
なんて罰当たりなんでしょう。
陰気かもしれないですが墓参り好きなんですよ。

v-510miekoroさん
やっぱり、miekoroさんとは前からなんか似た血のようなものを感じてたんで
お婆さまもそっくりにつくっちゃったのかしら。
でもこの婆様しわがないの、つやつやの婆様なんじゃ。

v-510パピヨンさん
ほんとに。幸せかどうかは自分の心しだいですよね。
人のせいにしたり、ねたんだりしてたら幸せになれないですよね。
感謝感謝の心です。
【2007/08/18 21:51】 URL | yasuko #eD1iIro. [ 編集]


泣けてしまうお話です・・・
自分が親になって初めて、親の気持ちが分かりますよね・・・v-390
yasukoさんがお墓参りしてくれること、お母様にそっくりなこと、きっと、お母様は喜んでいらっしゃるでしょうね。
お母様の方の親戚の方々が優しくてよかったですね。
yasukoさんのご主人もお優しいし。お二人で寺社めぐり、古墳めぐり、素敵です♪
【2007/08/21 14:11】 URL | 藤壺 #- [ 編集]


いつも明るいyasukoさん…
読みながら涙が出ちゃいましたv-406
4歳でお母様を亡くされていたとは…

本当に自分が子供を持って、いかに自分の子が愛しいのか、気持ちの大きさに気付かされますよね。
yasukoさんの作品からもブログからも、優しさがあふれていますv-343
うまく言えないけど、お母さんがきっと守ってくれてるからぐれたりせず、感激屋のyasukoさんが出来上がったのだと思いますよv-290
【2007/08/22 00:18】 URL | るんば #TWlE09to [ 編集]

コメントありがとうございます
v-510藤壺さん
私の小中学生時代とかを知ってる人はよくいいますよ。「よくぐれもせず」と
でもかなり屈折してるかも。
見栄っ張りなもんで普通のお嬢さんのように見られたかったのは確かです。

v-510るんばさん
本当は母に生きててもらいたかったけどおかげでなかなか経験できない人生を歩ましてもらったと今は感謝してます。
とりあえず今は母の分までこどもにへばりついていようと思ってます。
なかなか、へばりつかしてくれなくなりましたが。
【2007/08/22 17:26】 URL | yasuko #eD1iIro. [ 編集]


苦労されたんですね
でもその分今は幸せそう
というか、
ず~っと恵まれてる人は案外幸せ感が得られないんじゃないかな~と最近思います
ちょっとしたことで文句ばかり言ったりとかね
苦労してるとちょっとしたいいことでも幸せ感じることができるでしょう?
人生って一生を終えるときにチャラになるように出来てる気がする
【2007/08/22 21:29】 URL | katasumi #be3FNRow [ 編集]

コメントありがとうございます
v-510katasumiさん
そうかもしれませんね。
私からすればとても恵まれてると思う人がいつも愚痴ばかり言ってます。
人間とは欲深なものですから。
私も欲深ですが感謝の気持ちを忘れないようにしようと思ってますぅ。
【2007/08/23 16:13】 URL | yasuko #eD1iIro. [ 編集]


う~ん、知らなかった。
yasukoさんも、大変だったでしょ。
親になって初めて知る子を思う心。今ならよくわかる言葉です。
そして、今の自分がいることを周りに感謝する気持ちを持つ娘に育ったことは、何よりの親孝行だとお母さんも思っておられるでしょう。
これは私がいつも思ってることですが、お墓にいる父やご先祖様に心配掛けない生活を送りたいな、と。
そしてこういう気の持ちようを子供に伝えていかねばと。
しかし私がyasukoさんなら、そんな風に思えるか!?周りの気持ちも十分わかってるyasukoさんの広い心を尊敬のまなざしで見つめてます。
【2007/08/26 00:16】 URL | ある子 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://himekoubou.blog61.fc2.com/tb.php/168-754b700c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索