カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
力を注ぐところがちと違うかな
真面目に仕事をしないといけないのだけど

ついつい自分の好きなものに集中してしまう。

スーツを着てるお人形は作ったことがなかったので
とても難しかった。

もっと改善の余地があるようです。

昔作った喫茶店やお寿司屋さんのミニチュアが役に立ちました。

puppet animationにも挑戦。

頭ではわかっているのですが
なかなか身体がついていきません。


お人形は最初
この形で作ろうと決まるまでは
たくさん失敗しました。

普段いかにしてシンプルに簡単に

教室に来てくれる生徒さんたちも楽しんでできるようにと考えるので


スーツは難しい!!


なのでWORLD ORDERのお人形は作ることはないと思っていました。


ですが挑戦してみました。


最初は直立してるお人形を創って楽しんだのですが

躍らせてみたくなりました。

躍らせるとpuppet animationに挑戦してみたくなりました。


お人形ができるまでは暇がかかりましたが。

撮影に入ってからyoutubeにUPするまで1週間と

私にしてはすざましいスピードだったと思います。


まだまだ色々な面で未熟ですが。

よかったら見てください。




ホームページはこちら

あらぎ島
和歌山県有田町にあるあらぎ島に行ってきました。

54枚の段々水田がこの日1700本もの手作り竹灯籠にロウソクを灯し美しく象られます。

秋篠宮妃紀子様のおとっつあんがここの出身だそうで
一番上の水田の収穫された米が秋篠宮に献上されるそうです。

今年で7歳になる悠仁ちゃんのお誕生日のお祝いのイベントです。

田舎ゆえこれといったイベントがないので
しょぼくても何がしか見に行きます。

一昨日までやかましく予定を言ってきていた主人が
お腹の調子が良くなく。
今年はあらぎ島のイルミネーション見に行けないかもしれんと思っていたのですが。
乗り気でなかったのでまあいいかとも思いましたが。

お昼過ぎてから
やっぱり見に行こうかとのたまう。

なんか主人は思うことあると何週間も前からやかましく言ってくる
お天気のことだってあるし
今回みたいに体調だって悪くなる時あるのだから
はよからヤイヤイ言わんでもいいのにといつも思う。

早くから言われても忘れてしまう私を主人はなじりますが。

私の運転主人のナビで出かけます。
このナビがあてにならん。

もう何年も出かけるたびに当てにならないナビに腹を立てながらでかけるので
いつか事故になりかねない。

方向音痴の私だが何度か行ったことのあるところ
こっそり地図を頭に叩き込む。


帰宅ラッシュで道が込むかもわからんから早めに出ようと主人

遅い目の方が駐車場空いてるから遅い目のほうがいいと思う私。

目的地近くの道の家に寄り道
主人はそこに車を置いて歩いて行くと。
そこから山に向かってきつい登りを約1km・・・
膝が調子悪い私は無理だ。
お腹の調子が悪いことは申告するが私の膝は心配してくれない。

歩き始めたけど途中で車に戻ると言うと
駐車場30台くらいしかないからここに置いていくほうがいいと主人

そんなわけないやろ
大きなイベントあるのに山の上に駐車場作ったぁる
とは口には出して言わないが

私は車で上に上がったが
主人は意地を張って歩いて上がった。

見よ。

何百台とはいる駐車場野っ原に作ったぁる。

そこから歩いて水田まで行くのだが
ふたたび落ち合った主人と歩くが
懐中電灯を持つ主人
私の前を歩いていたが
何故か私の後ろに着く
いつも主人は私の後ろを歩く
何故講釈を垂れる割にはいつも私の後ろを歩く。
そして懐中電灯は自分の足元照らしてる。

普通一緒に歩いてたら相手の足元とか
先に歩いてる人の前照らしてやるだろ。

ここ最近ごく小さなことだけど
なんでこんなに気がつかないんだ

と思う。

立ち止まっていたら
どうしたん?と

前が見えん。

というとやっと懐中電灯を照らしてくれる。

田舎ゆえ街灯がほとんどない
結構な人が歩いていたがやはり暗い。

ちょっとむくれながらイベント会場まで

普段なら人など見ないところに黒山の人だかり

水田をロウソクが美しく囲んでいる。

地味だけどなかなか綺麗。。

田んぼのロウソク祭りを主人は随分と前から楽しみにしていたみたいだけど
私はそれほどでもなかった。

でも来てよかったと思う。

イルミネーションとかライトアップとか夜景とか
光り物の好きな私のために連れてきてくれたんだと思うけど
(運転してきたのは私だけど)
感謝しなくてはね。

本当は六甲山から見る神戸の夜景が好き
神戸のルミナリエが好きだった。
愛知県だったかいなばの郷のイルミも好き

そういうとこには主人は興味ないみたい

ちょっとずれたまま結婚25年以上

たぶんこれからもちょっとずれたまま行くのだろう

彼なりの心遣いに感謝感謝。

帰り山道は主人が運転
もう夜も遅いので高速に乗って早く帰りたい私
帰りは主人の運転がほとんどだけど
今日は帰りも私が買って出た。
だって主人だったら下道を通るのが解っていたから。
高速苦手みたい。

え~~?っていう主人を尻目にさっさと高速に乗る。

見よ。

半分の時間で帰れたじゃないか。

夫婦でドライブにはよく行くけど
ちょっとずれてるのでちょいちょい険悪

まあ悠仁親王の誕生日だし
笑顔で今日を終わろう

という昨日の話でした。

↓クリックすると大きく見えます。

aragijima1.jpg


ホームページはこちら

ああ珍道中 漫遊記 鎌倉編
随分と前になりますが

時間が少し出来たので思い出しながら書いてみたいと思います。


すぐに書けばいいものを日々の忙しさにかまけて
後で後でと思っていると
もう思い出せないくらい日が経ってしまいました。


これは一人のおばさんが右も左もわからぬ鎌倉の地を徘徊した珍道中漫遊記である






夕方4時には羽田に着いてないとおうちに帰れないので

朝もはよからホテルを後にする。

おお。憧れの鎌倉。

奈良や京都の街は若い時から徘徊してるので
そうむつかしくはないが。


生きている間に鎌倉の街を散策したかった。

神社仏閣も大好きだが
歴史の香る街をふらふらするのは
こころも落ち着き大人になったような気がする。


とはいうものの

電車の乗るところから大騒ぎである。

普段車移動が主で
既に電車の乗り方がわからなくなってきている。

足を右左交合に出せば乗れるのだが・・・(^。^)

田舎と違ってJRだけじゃないからね。

都会の切符券売機の前で
長らくにらめっこ


まずは横浜・・・

よしよし着いたぞ。

駅員を捕まえて
「鎌倉に行きたい」

自分で調べるということがついついおっくう

聞いたほうがはやいでしょ。

難なく鎌倉駅

都会の便利さなのに自分がまるで賢い人のように
片方の口角を上げて笑う。ふふ


まずはやっぱり有名どころで鶴岡八幡宮

人力車のお兄さんが行き交うあいだをゆらりゆらりと進む

途中
珈琲店でモーニング

DSC00752.jpg

開店前から行列でした。


雨の鎌倉・・・

大人のいい女の私にぴったりね。

今日は樋口可南子風アンニュイな女で通そう。
(若いものにはわかるまい)

鶴岡八幡宮でお参り
DSC00755.jpg

おみくじを引いてみる。






な・・・・



なんと・・・・






   (ToT)



生まれて初めて半世紀以上生きてきて
しかも見も知らぬ土地で
(記憶が定かではないがたぶん初めて)


あまりのショックに
震える手で木に結びつける。

必死で拝む

「どうぞこれから運気が上がりますように」

滅多と出ないものを引き当てたのだから
私はついている・・・と
ドキドキしながら思うことにした。


マッチ箱みたいな江ノ電に乗って長谷駅

大仏様絶対見たかったのよ

駅を降りてから商店街をえっちらおっちら
たくさんの人が進む方向へ着いていく

おみくじを引いてから
すっかりアンニュイな樋口可南子はどこぞへか行ってしまった。


長谷寺を拝んだあと大仏様へ

鎌倉大仏高徳院へ

DSC00765.jpg

りっぱなお姿
そしてハンサムじゃ。

DSC00766.jpg

さぞや暑かろう背中は全開でした。(^。^)


雨は本降りへ
これもやはりおみくじのせいだろうか。。。


ながらく大仏様のお姿を眺めてから

ハイキングコースとやらへ

わざわざ雨なのにハイキングコースいかんでも

銭洗弁財天宇賀福神社までのハイキングコース

大仏殿の受付の人にどこから行けばいいか聞いてみる


今日はぬかるんで危ないかもしれないから別の道をご案内します。


と言ってくれたのでそこを行くことにした。


ところがその受付の人が右と左を間違えて私に教えてくれた。
方向音痴の私はそんな時に限って教えてもらった通りに行ってしまう。

なんかおかしい。

近道があるんかと思って進んでるが
どう見たって反対方向に行ってる気がする。

結局大仏様まで戻る。

やはりおみくじが・・・

聞いた反対方向へへ行ってみるとハイキングコースに入る道があった

ぬかるんでるって言ってたけど

まあいいや。

たしかにぬかるんでいたけど
雨も降ってたけど

結構な人が歩いてた。

ううう最初からこっち来ればよかった。

雨のにおいと
優しい緑の音の中で
もう一度
アンニュイな樋口可南子に・・

ハイキングコースから出ると
しばらく住宅街の中を歩く

古い町並みもありそうなので
そちらに冒険・・・と思ったが
また路頭に迷っても行けないので

道案内の標識通りにゆく

銭洗弁財天

DSC00767.jpg


ちょっと怖いけど真っ暗な洞窟トンネルの中を抜けてゆく
お参りをして
奥にお金を洗うとたくさんの福になって帰ってくるといわれる池が

DSC00771.jpg

小さなざるにありったけの小銭と一万円札
ざぶざぶ洗ってきた

欲の皮突っ張ってる。

またもおみくじを引いてみる

やれやれ末吉

少しずつ良くなってる。

ふと、恋愛のところが目に入る
私には縁のないところ


道ならぬ恋愛は慎むべし

だったかそんなようなことが書いてあった。


ちょっと笑えてきた。

DSC00772.jpg

DSC00774.jpg
同じ敷地内に

ひなびたお宮さんだった。




そろそろ羽田目指して帰らなきゃ


海の方も行きたかったけど
もし時間が間に合わなかったら

鎌倉駅に着くと落雷で電車が止まってる

ひーーー

遅れて到着予定とかいってるけど
ホームはどんどん人で溢れてくる。

だ・・大丈夫か

結構待たされて電車がくる。

こんなんだったら海まで行けばよかった。


おかげで無事羽田まで
お土産も充分物色できたし。

今度は鎌倉だけでゆっくり数日過ごしたい
いつになるかわからないけど
もう一度行きたいな。

アキサンノカマクラオサンポコースデシタ













ホームページはこちら

ついついほったらかし。
作品の写真のUPもままならぬほど。

忙しいわけではないけれど。

ちょっと疎遠になるとズルズルと離れてしまう。

久々に何点か

akarenga6.jpg
akarenga4.jpg
akarenga3.jpg
akarenga2.jpg
gpurasu2.jpg


ホームページはこちら


プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2013/09 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索