カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
むかしむかし
コーヒーカップに乗ったにゃん達です。             nyanyo


ながらく遊園地に行っていないな。
せがれが小さかった時にはたまに行ってたけど。
若いときからジェットコースターとか恐ろしくて乗れない人で。
コーヒーカップとかメリーゴーランド、観覧車専門です。
大阪新今宮のフェスティバルゲートのビルの間を走るジェットコースターにせがれと乗ったのは10年近く前。
記念写真をシールにしてくれたのが箪笥の奥よりでてきました。
まじめに大掃除しようと頑張ってるといろいろ懐かしいものがでてきました。
一番恐い所で記念写真のシャッターがきられます。
すごい形相の親子の写真がそこにはありました。
おんなじ顔でした。
あれほどジェットコースターに乗りたいといってさわいだせがれは以後
乗りたいとは言わなくなりました。

古い古いビデオの整理もしているとせがれが生まれるまで働いていた会社の慰安旅行のビデオが出てきました。
福井県の「芝政ワールド」に行ったおり遊園地で遊んでる風景をビデオに収めてありました。
ぶんぶん揺れる船だかカーッぺットだかに皆で乗り込んでいる。
私は端っこは怖いんで真ん中をじんどっている。
真ん中で向かい合わせになっている形でカメラマン係りの人が向かい側に座る。もろ私のまん前。
余裕のみんなの中にひとり無口になる私。
ああ、ひとり下で待ってれば良かったかな。
だんだんと大きくなる揺れ。
うう…気分が悪くなってきた。
「みんな笑ってー」とカメラマン
万歳してるみんな。

………

限界を感じた私は叫んだ。
「吐きそー。吐いてもいいかー!!!」

「やめんかぁぁぁぁぁ」カメラマンの叫び。

どうやら最悪の事態は避けられたようです。

その夜のビデオは宴会風景。
トイレットペーパーでゲームをしてたのでしょう。
トイレットペーパーでぐるぐる巻きにされてる私がいました。


ちっとも大掃除が進みません。
また忙しくなる前に人が住んでいる家に見えるよう片付けねばならないにに。


ホームページはこちら

うし蛙
これは雨蛙のつもりですが。                  housaku


田植えが盛んです。
もうずいぶんと前から蛙がやかましく鳴いています。
ゲコゲコゲコゲコゲコ……
朝となく昼となく、とても風流を感じるどころではありません。
朝はさほどやかましくはないのですが、夜、主人と街を徘徊している時など大合唱です。
青い小さな蛙なら触れないけど、まだ可愛いと思えます。
しかし、ブボーブボーと鳴くうし蛙はさむい…
ピョンピョンじゃなくてドッタドッタとあぜ道を横断するさまは…ひえー

食べれるんだって?ううう勘弁して欲しい。

はるか昔若い頃、大阪中ノ島公園のバラ園に仕事帰り友人と行った時。
公園のあちこちのベンチには恋人同士でいっぱい。
ラブラブなのはいいけどあちこちで鳴くうし蛙。
見つめ合ってる横でぼーぼー。
寄り添ってる横でぶおーぶおー。
ロマンチックとは程遠い。
確かにここは夜カップルでいっぱいになる。(その当時は今は?)
季節が悪い季節が。
しかし、二人の間には蛙の入る余地なし。
「ご苦労はんなこって。もっとええ場所なかったんかい。」
などと女二人で偉そうに(本当は羨ましそうに)言い捨てて帰ったことを思い出しました。

おおおまた思い出した。
これはお昼ですが、中之島公園に当時あこがれていた先輩と言った時。
芝生に入らないように低い柵がしてあったのですが、それをまたいで芝生に入ろうとしてヒールのかかとがひっかかって
おもいっきり転んでしまいました。(一回転したかも)
ううう天罰か。おめかしして行ったのに。普段履かないハイヒール履いて。
先輩はすごく心配してくれましたが、肩がヒクヒクしてました。

とても告白などできません。はかない恋でありました。

その後何度か先輩とご飯食べにいったりしましたが、運動靴の私を見るたびにヒクヒクしてました。

主人はほぼ毎日、ヒクヒクしてます。20年近く。
あまりのどんくささに怒りすら感じているかも。




ホームページはこちら

3割があぶら身
久々に体脂肪計に乗って愕然!!
ちょっと(?)前までは身体の2割ほどの体脂肪だったのに、
3割があぶら身に!!くおぉぉぉぉ
体重も大台に。きゃおぉぉぉぉ
チビの私が太ったらもう転がる方が早い。

実は忙しいのを理由にフラメンコのレッスンをやめてしまって約4ヶ月
長年、最低でも週に一回は過酷な運動をしていたのに
やめるとてきめんですね。
なんとなく身体が重い。思うように動けない。
更年期障害のせいにしようと思っていたら本当に重くなってた。

そこで朝、近所の田畑の間を歩くことにしました。
どんなに前の夜遅くまで起きていたとしても、朝早ーくに目が覚めてしまう私。
朝は結構戦争だったのだけど、せがれが寮生活になってからは主人が起きてくるまでぽかっと時間が空いてしまうのです。
で、1時間ほど歩くことにしました。

田舎の朝は気持ちいいですよ。
青い空、緑の山、鳥の声。また風がよい風が。(時々肥料の匂いが混ざりますが)
大概三日坊主の私です。
西に綺麗になるお茶があると聞けば走り。
東にお得な健康器具があると聞けばはしり。
しかしいつしかお茶っ葉は忘れ去られ、道具は埃をかぶり、残骸となりはてる。
しかーしもう一週間以上続いています。

ジャージの上下にせがれのキャップ。そのうえジャージのフードをかぶりこみ手袋をする。本人は紫外線対策のつもりなんだけど他から見れば
不審者の何者でもない出で立ち。

あまり人に会わないようにたんぼの間を歩きます。
それでも農家の人は早いので、すでに幾人かは顔見知りになってしまいました。
1時間歩き回っても田んぼと梅畑から出ることが無いなんてすごいところだなとあらためておもいました。
普段車の移動がほとんどだったので歩くと近所に新しい発見があっておもしろいです。

ちょっと驚いたのは鷺を集団で見たことです。
一羽二羽なら見たことありましたが、動物園のフラミンゴ並みにおったのです。
残念ながら写真はカメラを持った私を嫌って飛び立ってしまった後ですが。

                              sanpo


夜、主人が帰ってからも主人と一緒に歩きます。
雨の日と教室が入ってる日はお休みになりますが。
田舎の夜は都会と違った意味でこわいですよ。

一週間たっていまのところ2%ほど体脂肪が減りました。





ホームページはこちら

color drop 終了
念願だった三人展「color drop」無事終了しました。

同日、他のイベントも多数あり会場にはたくさんの人で賑わっていました。
駐車場もパンク状態で難民も出る始末。
展示会の方もたくさんの人に見ていただきました。

初日はお昼からの搬入でした。
最新型の展示パネルに四苦八苦。
なんとか30分遅れでしたが開場できました。
30分待っててくれたお客さまが居て本当に申し訳なかったです。

                               color3.jpg


日曜日もたいへんな人出で一日で500人近くの人に見ていただきました。
奥まった私たちの展示会場でその人数と言うことは大ホールのほうはものすごかったでしょう。

三人三様でそれぞれの個性がありますが、見てくれた人が優しい気持ちになればと作品作りによせる気持ちは同じです。
以前より二人の絵に惹かれていた私は今回一緒に展示会が出来てたいへん幸せです。

color4.jpg

     
                color5.jpg


                               color1.jpg


お互い仕事を持ち、子育て中で思うように進みませんが、少しづつでも作っていこうと思ってます。
そしてまた3人で展示会ができたらいいなと思いました。
いや、今度はただの展示会ではなくなにか新しいことを考えようかな。
(なにをするんじゃ。なにを)

見に来てくれた皆様ありがとう。
搬入搬出手伝ってくれたみんなありがとう。
会館のスタッフの皆さんありがとう。

keikoさん、朋子さんありがとう。
超たのしかったね。忙しかったけどしわしわになるほど笑ったね。
新作楽しみにしています。


color6.jpg



ホームページはこちら

すずめ貝
潮干狩りというものに行きました。               asari


あさりがざっくざく獲れると聞いたのですが、なんと10年以上前の情報。
地元の人にどの辺で獲れるか聞いたところ今はさっぱりとのこと。

とりあえず砂の中に手を突っ込んでゴソゴソ。
可愛い貝発見。すずめ貝というそうな。
近くで獲ってたおじさんはバケツに結構入ってます。

ひとつだけあさり見つけました。

さわさわと寄せる波と、ゆらゆら光るお日様。
砂浜に手をつっこんでその感触を楽しんでいると、貝など獲れなくてもそれだけで幸せ気分です。(私ひとり収穫がとぼしかった。)
のんきに海にくりだしている場合ではないけれど、たまにはお日様に当たって身体を気持ちを殺菌しないと。

そして命に感謝。いただきます。

misosiru



ホームページはこちら

病院のお得意さま
ブライダルシーズン。                     love

私はどちらかといえば和風な感じの方が好きなんですが。
若いお嬢さんには洋風なほうがいいらしく、こんな感じになりました。

またまたたいへんです。
今度はお姑さまが腰を捻挫。
ひえー
なんだか重い荷物を持ち上げたらしく「あっ、ちょっと変」と
思ったときにはすでに捻挫。
たいしたこと無かろうとシップを貼ってじっとしておったところ昼過ぎから激痛。
SOSの電話が私のところに入りました。
あわてて整形外科へ。
なんとか入院は避けられましたが、家で安静にとのこと。
しかし、お姑さまは家に小学生の孫たちと暮らしていますので、彼らの面倒を看なくてはならない。
彼らの母は仕事でしばらく帰れないとのこと。
(帰れぬ場所ではないと思ったのだが)
とりあえず家の片付けと晩御飯の用意、明日のこどもたちのお弁当に持たせるものの準備。あーなんて損な性分。(親どこいった。)
本当は入院して一週間ほど休憩させてもらえればお姑さまも楽なのに。
お姑さまに甘えきってる人たちもお姑さまのありがたさが解るというもの。

隠居してゆっくり暮らせる歳なのに。
まだまだ子育て最中。

私が思う常識と義兄弟姉妹の思う常識とずれがあるようで、
なるたけめだたず関わらず。
おせっかいになるらしいんです。私のすることは。

でも親が年老いてきて故障が出るようなことがあれば力貸すのは子どもとして普通のことじゃないかしらね。

お姑様のSOSがあったときだけ行くことにします。





ホームページはこちら

color drop
なかなか自分からなにかプロデュースしたりするのは大変苦手なんですが。
                               dm


便乗型の私はまたもや展示会に顔をつっこんでいます。
これは備長炭アートより前から企画がありお誘いを受けていたので、もうすぐなのでわくわくしています。
こちらに心血を注ぎたいと思っていたところ他の用事が続き、後回しになっていましたが、ラストスパートをかけなくてはならなくなりました。

私はイラストは、からきしで絵の描ける人は羨ましくてしかたありません。
友人3人で展示会をするのですが。
私は相も変わらず粘土をひねります。
友人ふたりはイラストをされてます。
これがまたかわいい絵なんだ。
もちろん写実的な絵もすごいんですが、パステルや色鉛筆、パソコンでもスラスラと。
やっぱり基本がなってる人はタッチが変わってもいい絵を描けるんだなと毎回感心させられます。

若い方の中にはときどき首をかしげるような絵を掲げてくる人があります。
見ていて気分が盛り下がる絵とか、理解不能な絵とか。
「私の絵はこう表現したい」とか
「私独自のもので、誰の影響も受けてない」とか
表現は自由なんですから別にいいんですけどね。
でも、人の真似から始まってそれから個性を磨いていくものだと思うし。
誰の影響も受けてないんじゃなくって勉強不足じゃないの?
と思うときもあります。
かくゆう私も勉強は嫌いですが。えらそうにいえませんな。

きちっとデッサンができてる人の絵は心地よいし。
その土台があってできてくるキャラクターは生き生きしてるし。
そんな絵を描ける人たちと一緒に展示できるってしあわせー。

私の場合デッサンとかまったくそっちのけで二頭身キャラがあばれていますが。
とりあえず自分が心地よく作れて、見てくれた人も心地よくなればこんな最高なことはないです。
基本がないぶん、人さまに喜んでもらおうという心意気だけはあります。

お舅様のおかかえ運転手もしながらですが、ちまちま作り貯めてゆきましょうか。

ホームページはこちら

国営放送
ずいぶんのご無沙汰です。
無事お舅様も退院しました。
入院中もいろいろおもしろ騒ぎがありましたが、いずれまた。
普段主人の実家のことには立ち入らないようにしていますが、病人が出たときくらい長男の嫁を務めようと心がけました。
おかげで全てのことが後手後手にまわりました。(くそー)


さて、古い話になりますが、NHK放送分のご紹介
動画でご紹介したいとお思いましたが、私の力量不足と著作権のかかわりでいくつかのショットでご紹介


4月18日放送分
「ぐるっと関西おひるまえ」                   NHKa


備長炭アート作品がさわやかBGMと共にながれます        R0010279.jpg


なんと公共の電波にでてしまいました。             Image4.jpg
            

備長炭振興館の松本氏はもうTVに何度もでてるんで慣れてます  。matumotosan.jpg

制作途中を撮影。手が緊張でぶるぶる             nekob.jpg


キャスターのかどわきえいこさんも参加で教室風景        Image2.jpg


いつものメンバーさんも緊張気味                

うまくカメラをさけてる人からおもいっきり笑ってる人から    bin


かどわきさんはじめてなのにとても上手             kadowaki.jpg


総勢12人で作った「ペンションびんちょう和菓子バイキング」   

収録日に完成した作品です                   

fumiko先生の作品です                     .

夕方のニュースでImage12.jpg
                        

紀の国見て歩る記のコーナーです                

炭の形がおもしろい作品を大阪スタジオまでお貸ししました。   Image14.jpg


放送後いろいろなところからお電話やメールを頂きました。
県森林林業局のO氏にはたいへんお世話をかけました。
あいにくお舅さまの付き添いで病院につめていましたので全てに対応できなくて申し訳なかったです。
交代を頼んでいたのですが、思うようにゆきませんでした。

大変楽しい体験が出来ました。
新しい出会いもでき、懐かしい人からの電話もあり、わずか数分の放送でしたがたくさんの方が見てくださっていたことに感謝です。


キャスターのかどわきさんから放送後もお電話やお葉書をいただき丁寧に作ってただいたことに感謝します。

でもたいへんね。半日ほどNHKさんは撮影に費やしているのに放送は5分ほど。ご苦労様でした。
次こんな機会があったら、コスプレして何人か解らないようにしようっと。

もう二度とこんな緊張することいりませんが。

一番の後悔は眉毛描いとけばよかった。ということ
普段は描かなくてもいい眉毛なんですが、ライトのせいか端っこの方が光で飛んでて公家眉毛になってました。

いや問題は眉毛だけではないんですが


ホームページはこちら


プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索