カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
あとわずか
また一年あっというまに過ぎました。              yukinko

年々月日のたつのが早くなります。  ヤね。

yukinko

グラスの中にお正月をと頼まれ作ってみました。
私のグラス作品をコレクションしてくださってるみたいです。
ありがたいことです。

ホームページを作って1年
ブログに挑戦して8ヶ月
ほんとにゆっくりゆっくりやってきました。
まだまだ解らない事だらけで四苦八苦していますが、
私のパソコンの師匠であるせがれは
「一年前と比べたらすごい進歩だ」と褒めてくれました。
一年前がどんなにひどかったのでしょう。

人様のHPやブログにコメントするのにどんなに勇気が要ったことでしょう。
友人のHPにさえコメントできず、家まで行ったほうが早いと思っていました。

キーボードを前にすると血圧がゴンゴン上昇しますが、どうやらぼちぼちながら慣れてまいりました。

こんな私に付き合ってくださってる皆様ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

HPのほうは、お正月仕様に更新しました。
新作もギャラリーにupしましたんで、暇な時覗いてみてください。

連日の忘年会。
ちょっと胃が疲れてます。
田舎ゆえ、お酒を飲むと帰りが面倒です。
代行の車が大繁盛。
自分が運転する日は飲まないことにしています。

飲み会が増える時期ではございますが、決して「少しくらい…」なんて言ってアルコールを口にしてはなりません。
酒気帯び、飲酒運転は大犯罪なのです。

今日は隣にとんでもなく酔っ払っている友人を乗せて帰ってきました。
明るい酔っ払いでよかったですけど、なぜか私の年齢を大声で連呼していました。
「えー!!4●才?4●才になるの?うそー4●才ー」
もうよい。早く帰って寝てくだされ。

お料理とか写真に撮りたかったのに気がつくと残骸と化してました。

                                kimuti



ホームページはこちら

お魚ゲット
日曜日の朝のことですが。古い話ですみません。          turi

やりました。
私もお魚釣りました。
ふぉっふぉっふぉ
何年振りでしょう。お魚釣りをしたのは。
主人は秋位から釣キチになっていましたが、今回は私も連れて行ってもらいました。
連れてけー連れてけーとやかましく催促したかいがありました。

朝まだ暗いうちに家を出て近くの堤防で、寒くないようにだるまほど着込んで竿をだしました。
せがれも3年ぶりくらいに釣りに付いて来ました。
主人がお膳立てをしてくれている間、せがれと私はしたの海を覗き込み
「おっ熱帯魚みたいなのいるぞ。」
「大物をねらうぞ。」
と意気込みはかなりのもの。
主人はずっと私やせがれの世話でゆっくり楽しめなかったようですが。
なにせ、久々なもんで大騒ぎ。
竿の投げ方から伝授してもらわなければならない。
「周りに迷惑をかけるんじゃないよー。」
半分いかってる主人。まあまあ
私はなげなくてもいい竿でのんびりお魚が来るのを待ってましたが。

お魚が来ない間は平穏に時が流れますが、なにかかかるたびに大騒ぎ。
「おおーなんか来たー。重いー。竿があがらんー」
「リールを巻け!!」
「あっそーかー」
「ぜんぜん動かんー」
どーやら地球を釣ったようです。
針をなくして、主人はしかたなく新しい針に付け替えてくれます。
「そんなこともあるよ。」
「うおー今度は地球じゃない。お魚だー」
上がったのはクサフグ。チェッ
針飲んでたんでまた新しい針をつけてもらう。
「そんなこともあるよ。」
そう言う主人の笑顔がだんだん疲れてくる。
「なんか釣れたー。」
しかし生きてる魚を触れない私は主人に助けを求める。
近くにいたどこかのおじさんが笑っている。ちと恥ずかしい。
せがれの竿にかかるのは今回は小さきベラとかいう魚が多く、仕方なく海に返してやることに。

最初に私があげたのは、かさご
この辺では がしら とと言います。
大きな口をあけ目をむいてあがってきました。
怖い顔だったけど釣れたことが嬉しくてわーわー言ってました。
「静かにしなさい。」主人にたしなめられる。
主人も大きいほうの仕掛けで竿をだす。
するとなんとスマガツオなるものがかかった。
「おおーやったー大物だー。」
せがれと私は大はしゃぎ
「迷惑になるから静かにしなさい。」とまたたしなめられる。
だんだんお日様も高くなってきたんでもう帰ろうかと思ったときまたまた私の竿にあたりが。
「おお、今度はおもいぞー」
あがったのはブダイ。この辺ではイガミといいますが。
この辺ではお祝い事の時よく食べられるみたいです。

今日の釣り成果。
スマカツオ38cm1匹
イガミ24cm1匹
がしら20cm1匹
ベラもたくさんかかりましたが、海に返しました。
万歳ー!!
お昼ごはんのおかずできました。
カツオはさしみに、ガシラとイガミは煮付けにして、おいしく頂きました。
ありがとう母なる海よ。

また連れて行ってねという私に
うん」と力なく頷く主人でした。

ホームページはこちら

目を覆いたくなる
               ふっとい腕!!醜い姿ですみません。sorea

研究発表会が終わりました。
やれやれ
寝たきり防止のため始めたとは言え、発表会ともなるとなかなか緊張するものです。
年に1回ですが大きなホールの舞台でのダンス発表は血管切れそうなほど緊張します。
7回目の舞台なんですが、慣れるものではありません。
最初の2年はジャズダンスを習っていたのでそのクラスの若人たちと。
次の2年はジャズとフラメンコの2クラスの若人たちと。
ふたつも習うのはこの老体には無理なのと、お月謝が厳しいのとで
フラメンコだけにして3年。
毎年てんやわんやの大騒ぎでこの日を迎えます。

レッスンに長き日々を費やしますが、舞台ではものの5分ほど。
あっという間でしたが、大間違い小間違いありながらもなんとか勤め上げました。
日常では体験できない貴重な体験と思ってます。
日々普通のおばさんをやっている人が、この日だけは舞台衣装に舞台化粧。ライトを浴びて人様の前に立つのです。
普通の精神ではおれませんな。
ほとんど錯乱状態。

いつだったか半裸に近い衣装の年があって主人に
「通報、そして逮捕だな。」と言われたことがありました。
また、去年は髪をオールバックに固めるとせがれに
「細木かずこみたい」といわれました。

でもまあ今年も緊張したけど楽しくできてよかったです。
私などが通っているのは健康のためとか楽しむために行っているクラスですが。
プロやプロ目指して頑張ってるクラスのダンスはそりゃぁ素晴らしい。
見ているだけで骨がばらばらになり、足は肉離れしそうです。
素晴らしいものを見ると鳥肌たちます。
感動の鳥肌ですな。

来年も続けれるかな。
どうしても細かい作業の仕事が多いんで動くことが少なく、無理やりにでも身体を動かすことをしなくてはどんどんあぶら身が増えてしまいます。

歳いってから始めたダンスですが、いいこともありましたよ。
姿勢も少しよくなったようですし、足も絞まった感じになったし。
なんといってもお尻が上がったような気がします。
でも、ちょっとサボるとドヨーンと元にもどる感じがします。
やっぱり続けなくてはならないかしら。
いつまでこの身体が動いてくれるでしょうか。

ホームページはこちら

どーしよー
舞台で着けるイヤリングをつくりました。             mimikazari

寝たきり防止のためにダンスと言うものをやっています。
スペインの民族舞踊フラメンコというものを。
もう5年ほど通ってはいますが、相変わらずロバの放牧場のようなやかましいだけのことしかできません。
若い者はなんなくクリアしていくことを5年かかってもいまだにクリアできません。
12拍子というのがなかなか理解できない上に裏音というのが身体に入らない。
いつも半拍早いか遅いか。

まあでも健康のため、寝たきり防止のため、楽しくできればいいかと通っています。
若い者も親切な子ばかりでおばさんの世話をよく焼いてくれます。

ただ、年に一度研究発表会というのがあります。
このときばかりはお気楽なことは言っておれません。
私が通っているスクールは主にジャズダンスのクラスが多いのですが、
フラメンコやヒップホップのクラスも5.6年前からできました。
このスクールのコンサートとは別に、年末にこどもからおばあさんまで身体を動かしに来ている人皆が舞台にたちます。

スクールの代表はいつもおっしゃいます。
「今日一日は現実を離れ変身を楽しみ、一年間の健康と成長を喜びましょう」

しかし現実はきびしい。
だって振り付けがまだ身体に入ってない。
教えてくれる先生のためにも成功させたいのに。
毎年血圧MAXで舞台に立ちます。
フラメンコのクラスは複数ありますが、私のいるクラスは「ソレア」と言う舞曲をおどります。
すごくかっこいい振り付けでどっしりした女の情念みたいなものを感じさせるもの。
ちゃんと踊れたらね、そう見えるけど。
どっしりしたというところはクリアしてるんだけど、ステップはなかなか追いつけない。
してる振りをしようと今からあきらめモードです。

ダンスは情けないけど衣装や小物の準備くらい役に立ちたいと今年もイヤリング作りました。
衣装にあわせて作ってみたんですが。
皆、気に入ってくれたみたいで人数分つくりました。
またまた肩こりです。

今日は自分の教室の仕事があるんでいけませんが、今週はほぼ毎日夜の夜中までレッスンに行かなくてはなりません。
骨がばらばらになりそう。

老体に鞭打ってガンバロかい。

ホームページはこちら

たまには温泉
あんまり肩こりがひどいので温泉に行ってきました。
残念なことに大雨になってしまいましたが。        sirahama

私にとってはすごい贅沢なのですが。(家に風呂あるだろ)
このあたりは温泉が多く、500円くらいでのんびりゆっくりしてこれます。

しかしこの日はちょっと贅沢にホテルの最上階にあるお風呂にゆきました。
白浜の海が一望できる露天風呂にもなってる[ラフォーレ白浜]
ここはホテルの11階にお風呂があります。

ひそかにせがれの愛人の座を狙っているsakiちゃんと行ってきました。
ふだん節約生活に精をだすふたりですが、たまには天井の高いところで、ひろびろしたお風呂でマダムな時間を過ごさないかと、雨の中車を走らせ行ってきました。

マダムな時間の過ごし方を知らないのでとりあえずランチはお得がうれしいイタリアンのお店[ビスコ]へ
                hirumesi

近いのでいつでも行けると思っていたけど、ここ10年行ってないので白浜めぐりでもしようかと話は進むんだけど、なぜか大雨。
どちらかが雨女か?
白浜めぐりはまた今度ということで、温泉目指して出発進行。

お昼間のホテルの温泉、露天にもなってるので気持ちいいー
私たちふたりの貸切でした。平日だったからかな。
泳いでも怒られないかな。
ちょっと内臓脂肪が気になるふたりが、わがもの顔で風呂を泳ぎ回る。
とてもマダムな時間とは言えない。

入ったり出たり入ったり出たり十分温泉を堪能し、肩の凝っていた私はマッサージ機にもたっぷり浸ってきた。
どうも人にマッサージしてもらうのは苦手で、機械のほうが性分にあっている。
人にしてもらうとくすぐったくて、ずっと爆笑しています。
マッサージしてくれる人に申し訳ない。

お風呂の後はホテルのケーキセットをいただきました。
可愛くて食べるのもったいなかったです。            oyatu


贅沢な一日を過ごしてしまった。
たまにはうーんと背筋を伸ばしてリラックスしたと思い込もう。
また明日から節約生活。

出かける前にお姑さまの所に寄ったんですが、
「ちょっとめまいがしてねぇ」とちょっとしんどそうなお姑さま
「今日は出かけてくるから、時間できたら手伝いに来るね。」
とても自分だけ温泉行ってゆっくりして来るとは言えなかった。
今度一緒に行こうね。


ホームページはこちら

恐怖のハイウェイ
               以前いた職場の元上司のバイクです。baiku

久々に出会ったのですが。颯爽とバイクから降りてきてヘルメットをとる姿はかっこよさげだったのですが。
出てきたのは私と同い年のおっちゃん。
まあ、いくつ何十になってもバイク好きなら乗っててもいいですけどね。
よく解らないですけど、なんか改造してません?
音に反応するミサイルがあったら真っ先に標的になりそうな音を立てて走り去ってゆきましたが。


話は変わりますが、とても怖かったことを思い出しました。
実は先月、生まれて初めて高速道路というものに乗りました。
と言うより、乗らざるを得ない状況になってしまったのです。

下の道を走れば和歌山まで2時間。行きはのんきに2時間かけて下に道をゆきました。
知らない道なんで確かにのんきにばかりはしておれませんでしたが。

帰りは夜。そして大雨&見知らぬ街。
帰りも下の道をえっちらおっちら帰るつもりでした。
高速に乗る勇気もないし。乗れても降りれないかもしれない。
車も整備に自信が無い。タイヤもしばらく変えてない。
そんなことで高速に乗るわけには行かない。

で、一般道を行くつもりだったのに。
高速への矢印が見えた。
こっちに行っちゃいけないんだな。
一般道に行ってるつもり。
夜で雨で知らぬ街。

みるみる近づく緑色の看板

阪和自動車道…

ええー!!

きゃー乗りたくない乗りたくない

夜だし雨だし乗り方知らない。

しかし後続車はぞくぞくと。
Uターンできません。
もう料金所が…
「そこはETC専用と書いてあるぞ」とせがれ。
ひえー
一般のレーンにひょろひょろ移動。
後ろの車のあんちゃんごめん。
「母よ落ち着け。」せがれが一喝
機械音の声が「チケットをおとりください」
はいはいチケットですね。
ひえーちょっと遠かった。チケットまで届かんー
「ええい、シートベルトをはずせ!!」とせがれ
きっと後ろのあんちゃんは爆笑していたでしょう。
それともあぶないと思ったでしょうか。

次の料金所で降りようかとも思ったんですが、高速道路の終点(?)が私の目的地。
確実に降りることが出来るので乗ってく事にしました。

夜だし雨だし高速だし、ハンドルにかじりつかんばかりに走りました。
よりによって初めて乗った高速が夜だし雨だし覚悟なし。

ありがたいことに他の車も低速で走ってました。
なにせ豪雨だったもんで。

生きた心地しませんでしたが、無事帰宅できました。
ごめんなさい。もう乗りません。
他の方に迷惑をかけてもいけませんので、ゆっくり安全運転でえっちらおっちらゆきまする。

しかしせがれの方が落ち付いとったな。

でも怖かったけど、高速乗れてちょっとうれしかった。

成長ととってもらえるか、無謀と叱られるか。

車の点検もまめにしなくてはのう。
余計に不安に通じるもんね。

貴重な経験をありがとう。阪和自動車道。





ホームページはこちら

ミニカトレア
            綺麗に咲いてたミニカトレア。これから冬眠miniran

園芸も得意の主人は季節ごとに花を咲かせてくれます。
ちょっと前まで綺麗に花を咲かせてくれてたミニカトレア。
今年は最近まで暖かかったせいか長い間咲いててくれました。
花もおわり、しばらく冬眠。
また来年お会いしましょう。
ミニカトレアのミニチュア粘土も作りたいと思いながらなんかほかの事でバタバタしてて、いまだ実現せず。
ちょっと肩こりもひどく首がまわりません。(借金でか?)
肩こりがあまり無い人だったのに歳のせいか凝るようになりました。
こんな時は綺麗な花でも見てリラックス。
これからは椿の花が咲くのを待ちましょうかな。

園芸が苦手な私ですんで、世話は主人に任せきりですが。
花をめでることと収穫物をおいしくいただくことは得意です。

報告
主人の昨夜の釣りの成果は700gのアオリイカ1杯でした。
次は鯛がいいというと小鯛ならあがったことがあるけど大きいのはちょっと沖にでないとないとのこと。
寒いし夜行くんで心配。遠くまで行かなくていいよ。
日曜の昼にしないか?

ホームページはこちら

翁竜 ウォンロン
もういくつ寝るとお正月              eto

来年はいのしし年ですが。毎年思います。
その年だけの干支人形だと、次飾れるのは12年後。
直しこんでしまって、次の12年がきた時にはすっかり存在を忘れてしまいそう。
もはや認知症の疑い濃い私としては12年後は不安ばかりです。

で、総動員させてみました。

以前に干支たち全員を作ったことはありますが、ただ並べただけとか
時計の文字盤にしたとかです。
今回なんか楽しく遊んでいる感じで作ってみました。

たいていの動物はなんとかなったのですが、
問題は辰です。
いかに可愛く作るか。

結局以前作ったのとあんまり変わらないものになってしまいましたが。

ひげやら角やらを丁度いい乾燥加減の時に貼り付けないと接着面が不自然な感じになるし。
頭がよーく乾いてから胴体を作って、また丁度いい乾燥加減の間に胴とくっつける。
そして胴がよーく乾いたら今度は手をつける。

そんな作業のうちにコロリンと落っことして、角が折れたり、ひげが取れたり。
きゃー!!なんて鈍くさいの!!

結構良く乾いてから次の作業に移るというやり方なんで、ひとつ作るにも時間がかかります。
器用な人は少々ヤワヤワしててもタッタカ作っていけますが、私は頻繁に落っことしたり、ムニュっとつぶしてしまったりするんで、急がば廻れ精神でやってます。

竜が持ってる凧は、凧の絵縮小コピーして和紙にはり、紙みたいな木で芯を張り、糸を通しました。
人形たちを作る前に小物たちを作っておかないと、人形に小物を持たす時に自然な感じになってくれないんで。

とまぁ。鈍いこともやりながら何とか完成。

嫁に行ってしまうけどかわいがってもらいなさいねぇ。


報告
昨夜の主人の釣り成果はボウズでした。
餌に使ったこアジが寂しく残って帰ってきました。
猫たちのごはんになります。
友人4人で行ってみんなボウズだったそうです。
そんな時もあるさ。
主人は釣りが始めての友人に教えていたので釣りはしてないんだと言ってましたが。

ホームページはこちら

か~つおじゃ鰹じゃぁ
朝はよから釣りに出かけた主人は大漁で帰ってきました。      katuo

40cm位のすま鰹2本です。
おとうさんすごい!!
今日のお昼ご飯はかつおのお刺身とアラの塩焼きになりました。
(お昼に食べようと思っていたライ麦パンのサンドイッチは晩御飯にスライド)

もちろんかつおをさばくのはお姑さま。
出来の悪い嫁は相変わらず食べるのが専門
お姑さまが切り身にまでしてくれたのですが、頭はそのまままるごと帰ってきました。
頭も塩焼きにしたのですが、半分に切ることができません。
と言うより、もうこれくらいの大きさのお魚になると怖くて触れないのです。
まるごとだとグリルにはいらないし。結局主人に切ってもらいました。

さっきまで生きていたお魚を食べられるなんて贅沢だなぁ。
釣り好きなだんな様でよかったなぁ。
園芸も好きで庭にはお花の他にも、今大根とかジャガイモとかも植えてます。
サラリーマンやめたら釣りにいっておかずを釣り、畑の作物の生長を喜ぶのかな。

しかしここにダメ嫁が…
生きてる魚触れない嫁。(だって怖い)
土いじり嫌いな嫁。(だって虫がこわい。丸虫とかなめくじとか出てくる)
お姑さまに頼りっぱなしの嫁が次に頼るのはせがれの嫁。

お魚さばける、お花育てるの好きな嫁さまをもらってくださいね。

はっ!!ここで大事なことに気がついた。
遠く離れて別居だったら頼れないのね。きゃー

まだまだ先のことに気を揉むわたし。

嫁に行く時、実家の父親が
「向こうのおかあさんにしっかり教えてもらってお魚ぐらいさばけるようになりなさい。あんたがお母さんになった時どうやってこどもに教えるの?」
と言われました。

大丈夫!!お料理教室もあるし、NHKの料理番組見て勉強してもらおう。
それに第一あなたの奥さんだって(一応母親)お魚さばけないでしょ。
もう、さばけるようになったのかな?

でも今のところ強き味方お姑さまも元気だし。
お姑さまの苦手とするところは私がしてるし。
お姑さまのアッシーとして日夜紛争してるし。
持ちつ持たれつと言うことで。ねっ。

おとうさん気兼ねなくばんばんお魚釣ってきてね。
あじ、さば、ぐれ、いわし、きすの類ならなんとか私にもできるから。


ホームページはこちら

複雑
海と山と川をテーマにして何か作品をといわれました。      uminohi

まだ構想を練っているところなのですが、ちょこっと遊んで作ってみました。今、この子は備長炭振興館に出張中です。
漠然としたことしか言われてないんですが、思うままに楽しく作ってくださいとのこと。
この土地の風をふかしてみたいな事も言われていますが、どーしよー。
それと梅の一生をテーマにというのと。
こちらは作った経験があるんで新バージョンをほぼ頭ではできあがってますが。いつ実行に移せるかしら。

びんちょうタンの製作も頼まれましたがお断りしました。
難しい上に著作権というものもありますしと言うと
「もう了解とったから気にしないで。」
なんですと??なんと迅速な対応。

でも違うんだな。
びんちょうタンは可愛いし、彼女たちのミニチュアワールド作ってみたいけど…     
       
      違うんですよ。

                   私の作品じゃないよー

断った割には頭には彼女たちが楽しく遊んでるところが出来上がってしまってるんですが。
しかし作ったとしても納得できないだろうな。
どうしたってオリジナルには近づけない。
オリジナルにはそれだけの力があるのです。

私も真似できないわと言われるような物が作れるようになりたいな。
自分自身同じもの二つとできないのに。
気分しだいのどんぶり勘定なもんで。



ホームページはこちら

炭焼き小屋
      ちょっと遊んでみました。びんちょうタンのつもり   binntyou

あまりすでにあるキャラクター物はめったに作ったりしませんが、ちょっと縁があって作ってみました。
よくトトロ作ってとか、スヌーピー作ってとか言われますが、難しくて作れんと断ります。どんなに似せて作っても、やはりオリジナルのラインを再現するのはたいへんです。
自分の勉強のためには良い事と思って挑戦することはありますが。
でもどんなに似ててもしょせん偽物ですからあまり人様にはあげる事は出来ません。

いまだ、マニアの間では(萌え族)絶大なる人気を誇るびんちょうタン。

今日は紀州備長炭振興館へいってまいりました。
商工会からのお話で備長炭と粘土人形のコラボをして見ませんかということ。
思いつくまま備長炭とたわむれる猫やタヌキを作ってみました。
ついでにびんちょうタンにも挑戦してみました。

館長さんの案内で炭焼きの山にも連れて行ってもらいました。
原さん親子が作る備長炭は最高級と言われ、他府県からも修行に来る若い方が絶えません。

sumiyaki

炭が焼きあがっている釜の中はとても綺麗でした。
写真へたくそですみません                    simiyaki

炭焼きの人間は鼻で温度がわかるそうです。
原さん親子はとても良い笑顔でいろいろお話してくださいました。
炭焼きにこだわりを持って真剣に取り組んでこられたからこそこの笑顔があるんだなと思いました。

お土産に「売り物にはならないとこなんだけど」と曲がったのやら細かいのやら籠いっぱいにくださいました。
私たちにとったら綺麗に揃ってるのより、自然のままの形のほうが創作意欲が増すので、もう宝の山に出会ったようにうれしかったです。
手ぶらで行ったのに帰りにはたくさんのお土産をもらってしまい恐縮です。

森林組合長をされてる松本さんにも振興館を案内してもらって、ここでも炭をもらってしまった。(強奪魔)

アニメ びんちょうたタンの最終回を見逃していた私はずっとそれが心残りと話すと、なんと振興館にはDVDがありました。
最終回ぞんぶんに見せていただきました。
ありがとうございます。

今日はいいものを見せていただきありがとうございました。
この土地に住み着いてまだ10年ですが、街の向上のため、安らぎのため協力することができたら嬉しいと思います。

みなべがわ森林組合あつあつ情報局 
紀州備長炭博物館
         備長炭のこととても良くわかるホームページです。
         びんちょうタンのこともね。
         覗いてみてね。    

ホームページはこちら

展示会
ようやく展示会の様子を綴ったページをupさせることができました。santasanta

終わったらすぐに取り掛かればいいのに(会期中にしてもいいのに)
終わったらほっとしてぼんやりしてました。

町内の公民館を23日から28日までお借りして、教室のメンバーさんや、短期講習会のメンバーさんとともに展示いたしました。
和歌山でアートクレイシルバーの第一人者の○野先生も樹脂粘土人形で参加してくださいました。
教室展は年に一回の割合でしてまして今年で3回目かな。
個人的にイラスト仲間といっしょにとか、いろんな分野の手芸仲間とかと一緒にとかは年に何回かありますが、ニミチュア粘土細工だけで展示会と言うのは結構たいへんなところがあります。

なにせ小さいので数が少ないと貧相ですし、壊れ物なんでショーケースがあったほうがありがたいし。
私もそうですが、ほかのメンバーさんも作っては嫁に出す作品が多く、手元に残るのはわずか。
人にあげたくて作ってる人もあって、展示会終わるまで人にあげるのは待ってと、言い続けなんとか展示会まで温存してもらいました。

メンバーのみなさんの力作をホームページにupしましたんでよかったら覗いてくださいませ。
どんぶり勘定の私の作品がはずかしいです。

プチクレイアート 姫工房 ←ここからどうぞ

展示会初日がせがれの表彰式と重なって私は会場に居れませんでしたが、メンバーさんたちでお客様たちを楽しませてくれました。

展示会を成功させてくれたメンバーの皆さんありがとう。
いろいろ協力してくれた館長さん、警備員さんありがとう。
張り付くように見てくれたお客様たちに感謝します。

今月から新しいメンバーさんも加わりますし、また来年も可愛い展示会開きたいですね。

私も皆に負けないように頑張らなければ。
うう…でも、もうちょっとだけ寝かせて~。


ホームページはこちら


プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索