FC2ブログ
カテゴリー

格好いいなぁ。

管理人の趣味のみでご紹介するコーナーです。

最近のコメント

最近の記事

うちのにゃんこ達

utinokuu.jpg
utinomaru.jpg
utinohideyosi.jpg
utinonene.jpg

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

アフィリエイト

RSSフィード

フリーエリア

姫工房おきらく日記?
                      粘土で楽しくあそんでます。
行ったり来たり
じぃ様が入院した。
座骨神経痛で。
趣味で家庭菜園をしていて、畑で転んでしまった。
GWのことである。
救急外来へ一度。
GW明けに一度。
あまりの痛さに何処が痛いのかも不明になるくらいだったそうな。
骨折していないとの診断に不服らしく、
再度違う病院へ。
やっぱり骨折ではないとのこと。
診てくれた先生全員が、
しばらく痛みはあります。安静に!!
と同じことを。

しかし、ぼやきまくるじい様に最後に見てくれた先生が
入院するかい?

天の声であった。

安静にできるし、手厚い看護も受けれるし、じい様も納得してくれるであろう。

畑に行きたいのであれば、先生や看護士さんの言うことを聞いて
安静にして早く良くなってくだされ。

この一週間じい様の病院通いに、お葬式の手伝い、自分の仕事。
めまぐるしかったぁ。

そして今日は神戸までフラメンコの舞台を見に行く。
どんなに疲れていてもこれだけは這ってでも見に行く。
そして夜の宴会も!!

ホームページはこちら

ばちあたりの集い
葬儀告別式というものは、厳かに粛々と行われるものである。
が、しかし時としてどうして良いか分からないほど笑けてしまうことがある。

親類に不幸事があった。
家が近いので何かと手伝いに行かねばならなかった。
わたしはなんでか頼みやすいのか、こき使われるはめに。

ちょうど粘土細工の教室の日と通夜、告別式とが重なる。
教室はよほどのことがないかぎりお休みにしたり変更したりしないようにしている。(仕事をその日にあわせて休んでくれている人もあるので)
通夜はさぼってやりました。
もっと血の近い人をこき使ってよ。

告別式。
お坊様が来るまで、久々に着る喪服がいかに小さくなったか。
(自分の横幅が成長していることは言わない)
合掌しようにも背中が裂けそうでできないとか、実はファスナー開いてるとか。
てんでに馬鹿な話をして声をころして大笑い。
一度でいい、木魚をたたきたい。とか。
この会話がほとんど40歳から50歳の婦人たちがするのだ。

よく通る澄んだ読経の声。
その心地よさにうつらうつら。
私と同じ列にすわっている年も近しいご婦人たち全員波打っていたらしい。
ジャーンという鳴り物の音で全員がビクーッ。
ここでも声を殺して大笑い。

斎場に行けば、去年無くなった猫を思い出し泣くく婦人。
故人を偲んで泣いてる人に申し訳ないだろう。

笑いすぎて涙がとまりません。
すっかり化粧もはげました。

ばちあたりなことである。
本当にごめんなさい。
おじさま ご冥福をお祈りいたします。

ホームページはこちら


プロフィール

Yasuko

Author:Yasuko
お気楽に、
ああ、お気楽にのほほんと
プチクレイアート(ミニチュア粘土細工)姫工房と言う手作り作品紹介のサイトを運営しております。

ブログランキング

ランキング参加中です。



br_decobanner_20110719185011.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お買い物


Google 検索

Google

ブログ内検索